下水がつまった時に役立つ対処法や知識をご紹介!

蛇口の水漏れ修理前にできる応急処置

蛇口の水漏れにできる応急処置 蛇口からの水漏れに気付いた場合、すぐに専門業者に頼むケースも多く見受けられますが、まずは自分で対処してみるのも大事であると言えるでしょう。それには常日頃から、水漏れのような非常事態に備えて、修理前でもできる応急処置方法を覚えておくと便利です。
まず試してみたい応急処置としては、開いている元栓や止水栓を締めて、水が流れないようにすることが考えられます。この止水栓には、ハンドルがあらかじめ備わっているものと、マイナスドライバー等で水の流れを調節するタイプのものがあるので、形状に合わせて対応するとよいでしょう。
また、蛇口付近の配管に緩みが無いか調べてみるのも効果的です。もし緩んでいる場所を発見したら、その部分を締め上げるだけで、流れ続けていた水がピタリと止まる場合も少なくありません。
このように専門業者を呼ばなくても、止水栓を調節したり配管を調べるだけで、蛇口からの水漏れが解消する場合も多いので、まずは自分で対処してみることをお勧めします。

蛇口の水漏れ修理業者に依頼する前に見積もりしてみよう

蛇口の水漏れ修理業者に依頼する前に見積もりしてみよう 水道の水漏れ修理は、多くの業者が乱立しているため価格破壊が起きており、以前に比べるとかなり安くなった印象があります。以前であれば、出張費が高く、簡単な水漏れでも1万円前後しました。しかし、今はその半額以下で修理が可能になっています。
修理を依頼する際には、必ず見積もりを取ることをおすすめします。以前のような高額な価格設定の業者もまだあるからです。また出張見積もりをしてもらった後に断るのが苦手という方は、ホームページなどでどのくらいの費用がかかるのか概算をチェックしてみると良いでしょう。
水漏れの箇所によって最低価格が表示されていることが多いです。比較すべきポイントは、出張費と基本工賃です。部品代はどの業者もそれほど大差はありません。出張費ゼロ円を謳っている業者もあります。
蛇口のゴムパッキンの交換程度であれば、安い業者だと3,000円~5,000円、高い業者だと8,000円~10,000円です。後から高かったと後悔することのないようにしたいものです。